風太郎の気まぐれ日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 山口、熊本 温泉の旅(2)

<<   作成日時 : 2007/11/09 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日もエエ天気でしたねえ。

ところで、前の日曜にアヤチュウで布引の滝〜紅葉の茶屋〜摩耶山方面に行って来ましたが、紅葉はほんの一部が色付いてる程度でした。

赤くならずに茶色になってるカエデも有って少し心配です。


{2日目}

朝風呂の後、温泉街の散策に行きます。
昔からの温泉街は音信(おとずれ)川沿いに有るのですが、新しい宿は少し離れたところに建ってます。



画像

音信川に架かる「せせらぎ橋」


画像

「せせらぎ橋」の上から温泉街方向。
右の四阿のところは「河川公園」です。



画像

音信川散策マップ


画像

音信川「恋伝説」


画像

せせらぎ橋の橋桁に「想ひ叶ふ」の文字が・・・


画像

河川公園には、割とデカい足湯が有ります。


画像

八千代橋の袂に原田屋旅館が有ります


画像

市営公衆浴場の「恩湯(おんとう)」です


画像

湯本温泉の由来。泉源は今でも大寧寺の所有らしいです。
毛利のお殿様も度々来はったとか・・



画像

もう一軒の公衆浴場「礼湯(れいとう)」への道案内


画像

礼湯


画像

温泉街の南の方にもう一つの足湯が有ります


昨日、見付けられなかった萩焼深川窯に行こうとしましたが、歩道の無い国道を歩かねばならず、ビュンビュン通る車に恐怖を感じてパス。


画像

来た道を引き返し、更に県道を西に歩いて「大寧寺(たいねいじ)」に来ました。


画像

境内の茶店?を少し入った左手にこんな看板が・・


画像

これがその「大内義隆公兜掛けの岩」


画像

「姿見の池」


画像

「大内義隆公終焉之趾?」の石碑の奥に本堂が有ります


画像

本堂


画像

境内をずっと奥まで行くと長門豊川稲荷が有ります


画像

本堂の西のこんな坂道を上ってると、上の方で甲高い鳴き声がしてビックリ!
何か大きな動物が山の斜面を駆け登る気配がしました。



画像

坂を上り切ったところに有る「大内義隆公主従の墓所」


その動物は、ここから逃げ去ったのですが、斜面の木陰に留まってこちらの様子を窺ってるようで、私が居る間、鳴き続けてました。
お墓の番をしてるのか、近くに子供が居たのか?


実は鹿だったのですが、ネットで調べると鳴き声は警戒音のようでした。
言葉で表すのは難しいですが、敢えて言うなら鳥の声をデカくしたような・・。
(どの鳥やねん? (^_^; )

このお寺の墓地には関東管領の上杉憲実、毛利家重臣等のお墓も有ります。


画像

県道の湯本大橋から見る温泉街


画像

宿に帰って朝食を頂き、九州に向かって出発。


画像

壇之浦PAから関門橋


由布岳の見える道を走って・・


画像

歩いて渡るのでは日本一の「九重”夢”大吊橋」に来ました


平日なのに大きな駐車場が満杯で、県道から駐車場まで車が列を作ってましたが、次々に車が出て行くので10分くらいで止めることが出来ました。


画像

長さ390m、高さ173mもあるそうです。
袂では、お客さん持参のカメラで記念写真を撮ってくれるサービス?をやってました。



画像

橋の上から「震動の滝(雌滝)」が見えます


画像

反対側から。
「震動の滝(雄滝)」も写ってますが、よく分かりません。



画像

これですが、分かりますか?


画像

これでズームアップは限界


画像

橋の上から西側


画像

下を見ると怖いです


画像

橋の真ん中はグレーチングなので・・


画像

真下が見えますよ


思ったより揺れるのですがガッシリ出来てて安心やし、手摺りも有るので前を見て歩いてる分には全然平気です。
私には谷瀬の吊橋の方がずっと怖かったです。
(「手摺りに掴まらないと歩けない」と言ってる人も居ましたが)


画像

橋の反対(北)側の坂道を上ると、北方展望所「山ぼうし」さんが有り・・・
(「北方(きたかた)」は地名です)



画像

こんな感じで橋が見えます(1階より)。
2階は有料ですが、何か買えば無料と書いてました。



画像

隣の「うどん亭きたかた」さんにも展望台が有ります


画像

吊橋を後にして大観望に来ました


画像

阿蘇五岳が見えます


画像

今日の宿は黒川温泉の「やまの湯」さん


黒川温泉の宿はご存じのとおり人気が高く、以前、予約が取れなかったので車で温泉街を走り抜けたことが有ります。


画像

部屋の窓から前の山?の躑躅が見えます。
花の季節は大層奇麗だそうです。



画像

川沿いの温泉街


画像

宿の前には足湯も有ります(真ん中の建物)


画像

先ず、2種類の家族湯(貸切)に行きました。
(家族湯と言ってもオッサン一人で入って構わないそうです。当り前か?)



予約は不要で、この札が「空いてます」になってれば入浴OK。
内側から鍵を掛けられるので安心ですね。(何が? (^_^; )


炭風呂は洗い場が畳敷きになってて落ち着きます。
(炭風呂と言ってもお湯が黒い訳ではありません)


画像

夕食は食事処「山久」で囲炉裏を囲んで。
馬刺しは特に美味かったです。



画像

田楽も山女魚も美味い!


画像

大昔、某所で食べた「だご汁」は正直言って不味かったけど、このだご汁は本当に美味かったです。
(名誉回復!)



画像

おしながき


画像

夜食も出してくれました


画像

ほろ酔い?で夜の温泉街を散策。
共同浴場の地蔵湯です。
(朝8時からで、夜7時以降は住民の皆さん専用とのこと)



画像

川端の木々がライトアップされてて奇麗です


宿に帰って露天風呂に入り、お休みなさい。
残る内湯と家族露天風呂は明朝だ!















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山口、熊本 温泉の旅(2) 風太郎の気まぐれ日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる